エプロン通信

エプロン通信文字だけサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Vol.016 『世界の教育勅語』 日本が失った道徳

Vol.016 
『世界の教育勅語』 日本が失った道徳


 三菱リージョナルジェット(MRJ)――近年中の就航を目指し、三菱重工業が開発を進めている旅客機です。完成すれば、MRJは日本にとって40年ぶりの国産旅客機となります。日本の航空機研究・設計・製造は、戦後、GHQによって全て禁止されました。解禁となったのは昭和31年のことです。長い時を経て、再び、Made in JAPANの旅客機が大空に羽ばたく時が近づいています。戦後、日本から奪われたもの――今回ご紹介する「教育勅語」もそのひとつです。

 教育勅語は、国民に語りかける形式で、明治天皇によって書かれたものでした。明治23年からの58年間、日本の道徳教育の規範とされ、明治天皇ご自身も率先してこの心得を守られたそうです。教育勅語の内容は、日露戦争後にイギリスで紹介され、英語・仏語・独語・中国語など様々な言語に翻訳されて世界中に広がり、今でも道徳の教科書として使われています。

 世界中で尊ばれる教育勅語――その内容を、どうして本家本元である私たち日本人は知らないのでしょうか。その答えも、戦後にありました。GHQに占領されていた頃、アメリカは教育勅語を全面的に否定する見解を示しました。占領政策を敷く上で、日本人の武士道精神や道徳心、団結する力を恐れたためです。それに基づきGHQが「教育勅語を否定する決議をするように指示」し、その結果、決議案が可決し成立しました。そのため、教育勅語は失効し、日本の学校教育から排除されたのです。

 人との関わり合いの中で上手に生きるための教科書とされていた教育勅語は否定され、戦後の日本では家族や地域社会の崩壊が進み、個人主義が叫ばれ続けました。しかし、それでも、東日本大震災において、消そうとしても消えない日本人の美徳は世界に示されたのです。

 失くしたものを取り戻すには、気の遠くなるほどの長い年月を必要とします。世界中で規範とされ、語り継がれている日本の道徳の心を、私たち日本人自身が次の世代へきちんと引き継いでいきませんか?


【検索ワード】こどものための教育勅語

【憂川柳】自文化を 他所から教わる 恥ずかしさ (ペンネーム 天国のじいちゃんごめんよ)

【教育勅語 十二の徳目】
 一、両親を大切にしましょう(孝行)
 一、兄弟・姉妹は助け合いましょう(友愛)
 一、夫婦はいつも仲睦まじくしましょう(夫婦の和)
 一、友達同士信じ合い、大事にしましょう(朋友の信)
 一、自分の言動を慎みましょう(謙遜)
 一、まわりの人を、広く愛しましょう(博愛)
 一、勉強し、職を身につけましょう(修学習業)
 一、知識を深め、才能を伸ばしましょう(智能啓発)
 一、人間性の向上に務め、道徳心を養いましょう(徳器成就)
 一、世のため、人のために働きましょう(公益世務)
 一、社会のルールを守りましょう(遵法)
 一、国のため真心を尽くしましょう(義勇)
スポンサーサイト
  1. 2012/03/31(土) 23:50:15|
  2. エプロン通信
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Vol.015 『親日台湾と反日NHK』 1万人訴訟の理由

Vol.015
『親日台湾と反日NHK』
1万人訴訟の理由

 「麗しの島」台湾――国土は九州ほどの面積で、人口は約2300万人です。決して大国ではない台湾から寄せられた日本への義捐金は、ついに200億円を超え、世界最多の額となりました。

 なぜ、私たちにこれほどの善意を届けてくれたのでしょうか?それには2つの歴史が関係しています。1つめは、1999年の台湾大震災でのことです。最初に救助に駆けつけた国が日本でした。その時の救助隊の働きに感謝し、恩返しをしてくれたのです。2つめは、戦時中の日本統治時代でのことです。その昔、台湾も日本の一部でした。韓国の併合(=日本と同国)とは違い、台湾は二等国の扱いでしたが、日本は両国の近代化に力を注ぎました。戦後、台湾でも中国の国策による反日教育が行われましたが、結局は失敗しました。なぜなら、教育勅語などの日本教育を受けた多くの台湾人が、自身の体験を子や孫の世代にこう語り継いできたからです。「台湾の基礎は、ほとんどが日本統治時代に築かれたもの。当時の日本人に感謝をし、彼らを公平に評価すべきである」――そうした歴史の繋がりがあり、今の親日台湾があるのです。

 そんな日台関係に軋轢を生じさせた放送局があります。あなたが受信料を払っているNHKです。2009年にNHKは『JAPANデビュー~アジアの一等国』という番組の中で、「戦争中の日本人が台湾で非道な行為をした」と訴える台湾のお年寄りの証言を取り上げました。しかし、これは意図的にねじ曲げて編集されたものであり、「事実とは違う!」と台湾の人達は深く傷つき激怒しました。その結果NHKは、日本人視聴者と台湾人合わせて1万人以上から訴えられ、裁判は現在も係争中です。

 国民の受信料で番組を製作するNHKが、このような国益を損なう放送をしてよいのでしょうか?中国や韓国では、今も政府の国策として反日教育が行われています。しかし台湾は、統治時代以降の日本を正当に評価し、感謝を忘れずにいてくれる国なのです。

 今、NHKが特定の国々を異常に持ち上げる放送をしていることに気づいた人たちが増えています。まずはじっくりニュースを観てください。本当に日本人のための放送をしていますか?


【検索ワード】 親日国 台湾と日本

【憂川柳】 観た分は 払うよメーター つけてくれ (ペンネーム 電波押し売りお断り)
  1. 2012/03/20(火) 23:08:52|
  2. エプロン通信
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

Vol.014 『復興につながらない 消費税増税』

Vol.014
『復興につながらない 消費税増税』

 東日本大震災から1年が経ちました。一向に復興を進めないまま、政府は声高に「増税」を叫んでいます。増税は、本当に今必要なことなのでしょうか。増税が、本当に被災地の復興を後押しするのでしょうか。
 消費税が5%に引き上げられた翌年、日本国内での自殺者が初めて3万人を超えました。10%に引き上げられた場合、自殺者は5万人を超すとも言われています。デフレ下(物価が下がり続ける経済状況)で商品の販売価格が上がれば、私たち消費者はモノを買わなくなります。そのため、仕入れる材料にかかる消費税、設備機器購入時にかかる消費税、それらの税負担が大きくなっても、完成した商品の販売価格には上乗せできないというのが、中小企業の現状です。そうなると、引き上げられた税金部分は企業側が全て負担しなければならなくなります。その影響で中小企業の倒産やリストラが増え、その末にいのちを絶つ人も増えるという、哀しい連鎖が引き起こされるのです。
 さらに消費税の増税は、あなたの町から大切な病院までも奪ってしまうかもしれません。私たちが病院の窓口で支払う医療費には消費税はかかりません。ですが、病院側が購入する薬や医療器具、高額な医療機器には当然消費税がかかります。その消費税はすべて病院側が負担し、経営上「損税(=損失)」となります。増税により損失が5%増えることで経営が破綻してしまい、病院がなくなってしまうこともありうるのです。
 「被災地復興のためなら」「子どものためなら何だってする」「やっぱり日本がいちばん」もしあなたがそう思っているのなら‥‥心からお願いします。“無関心”をやめてください。闇雲にテレビ・新聞を信じずに、インターネットで検索してください。“テレビに向かって文句を言うだけ”をやめてください。その文句を、直接議員に届けてください。
 消費税増税は、日本全体を弱体化させるだけのもので、被災地の復興にはつながりません。それでもあなたは「復興のためなら増税やむなし」と受け入れますか?


【憂川柳】 知らないも 知ってて黙るも 同じこと (ペンネーム サイレンと魔女)


【検索ワード】 消費税増税は必要ない


【国政にあなたの声を】
〒100-8968 千代田区永田町2-3-1
首相官邸  内閣総理大臣 野田佳彦殿
TEL : 03-3581-0101
FAX : 03-3581-3883
メールフォームのご利用は官邸ホームページ(携帯版)から「ご意見・ご感想」へお進み下さい。

※国会議員は選挙区民の声に敏感です。お近くの国会議員事務所への訪問・電話・投書は大変効果的です。
  1. 2012/03/10(土) 18:15:13|
  2. エプロン通信
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。