FC2ブログ

エプロン通信

エプロン通信文字だけサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

[Vol.022] 従軍慰安婦 軍強制のウソ

[Vol.022]
職業選択の自由
従軍慰安婦 軍強制のウソ

 1990年代から突如騒がれ始めた「従軍慰安婦問題」――その経緯をあなたはご存知ですか?発端は、被害者からの訴えでも、韓国政府からの要求でもなく、1人の日本人が執筆した『私の戦争犯罪』という自伝本でした。その本には「韓国・済州島で慰安婦狩りを行った」という衝撃的な告白があり、その内容を朝日新聞などが大きく取り上げました。しかし、韓国の地元紙が現地で取材調査をした結果、「軍が強制的に慰安婦にしたなどという話は誰も聞いたことがない。捏造だ」と断定されました。この件を著者に確認したところ、著者自身も作り話だと認めたのです。のちにこの著者は、「事実を隠し自分の主張を混ぜて書くなど、新聞でもやるじゃないか」「人権団体に利用された」とも語っています。

 国内での報道を見ていると、慰安婦=韓国人と思いがちですが、もちろん日本人も、その他の外国人もいました。当時は、世界中どこの国の戦地にも慰安婦はいました。現地の女性の性被害を防ぐためにも必要とされ、職業として合法でした。それでも日本は、戦後、各アジア諸国に対して誠意を示そうと、不必要な協定や条約を結んできました。

 福島みずほ弁護士(当時/現・社民党党首)と共に「慰安婦裁判」に関わった高木弁護士らは、1993年にインドネシアを訪問し、「元慰安婦には多額の補償金を支払う」と宣伝しました。これに対し、インドネシア政府や地元紙は高木弁護士らを厳しく批判し、こう表明しました。「日本との補償問題は、1958年の協定により完結している。日本罵倒体質の韓国や中国と違って、我々には歴史とプライドがある。『お金をくれ』などとは、わが国を360年間支配したオランダにだって要求しない」

 一方で、韓国だけは政府も国民も条約を無視し、今もなお謝罪と補償を求め続けています。そして、2011年5月、韓国でひとつの詐欺事件が起きました。「当時慰安婦でなかった者でも、戦争時を生きた者なら誰でも補償を受けとれる」と約3万人をだましたとして、戦争犠牲者遺族の会の幹部らが摘発されたのです。これらの事実を知ってもあなたは、韓国に「人道的な対応」を続けるべきだと思いますか?


【検索ワード】 危機に瀕する日本

【憂川柳】 慰安所で 稼いだお金で 御殿建つ
(ペンネーム・兵隊さんのお給金の十倍以上で募集中☆)

注)「慰安婦大募集 月収300円・前借3千円まで可」という求人広告が現存している。(1944年7月26日京城日報)慰安婦は一般の職業と同様に新聞広告などで公募されていた。陸軍曹の月収30円に対し、かなりの厚遇であったことがわかる。
スポンサーサイト
  1. 2012/06/30(土) 12:45:58|
  2. エプロン通信
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

号外『韓国産貝類 人糞に汚染』

号外2012年6月20日
『韓国産貝類 人糞に汚染』
アメリカ販売禁止
日本は対応なし


 アメリカの食品医薬品局は6月14日、流通業者に対し、韓国産の貝類を販売禁止にするよう通告しました。韓国産の貝類の中に、ヒトの糞便の痕跡が見つかったためです。胃腸の病気を引き起こすノロウイルスに汚染されている可能性が高く、食中毒の危険があるということです。販売禁止となっているのは韓国産のカキ・ホタテなどの貝類で、生のものだけではなく、冷凍・缶詰・加工製品なども含まれています。原因は解明されていませんが、「漁港に停泊する韓国船舶の排泄物処理設備が不十分で、貝類の養殖場に人間の排泄物が流れ込んでいる」「下水汚泥の海洋投棄による海域汚染」などの可能性が考えられます。

 問題となっているのはアメリカだけではありません。台湾でも、ここ数週間で韓国産カキによる食中毒が少なくとも62件報告されています。
 
 韓国産カキの輸出先トップは日本です。よく冷凍食品のフライなどに加工されているようです。しかし、日本でこの件を報じたのは今のところインターネット上のニュースのみで、テレビによる報道・注意喚起等はありません。公的機関からの通達や指導もなされていないため、日本では今までと変わらず流通しています。

 スーパーの店頭には、韓国産のキムチや海藻・海苔・魚・菓子類など、たくさんの商品が並んでいます。検疫が免除されている一部のキムチなどは、どのような環境で製造されたのかわからないものでも、現地で作られた商品がそのまま店頭に並びます。基準値の14倍もの細菌が検出された商品を製造していた会社のブラウニーも、未だコンビニエンスストアや輸入食品を扱うお店に平然と並んでいます。現在も虫下しを必需品とする韓国の衛生観念は、果たして信頼に足るものなのでしょうか?

 韓国旅行や韓国グルメは頻繁に取り上げるのに、健康被害が出るかもしれない危険な食品については報道しないマスコミと、国民の健康を守るための機敏さを持たない政府――「体に直接入るものだからこそ、安全なものを」その当たり前の願いは、今の日本では自分の手で叶えるほかないのです。大切な人を守るためにも、テレビだけを情報源にしないでください。


【検索ワード】韓国食品 不衛生
  1. 2012/06/20(水) 22:54:56|
  2. エプロン通信
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Vol.021 『洋上の密室・ピースボート』 憧れの北朝鮮へ

Vol.021
『洋上の密室・ピースボート』
憧れの北朝鮮へ



 その船は危ない――

 『世界一周99万円』よく見かけるピースボートのポスターです。ピースボートとは、国際交流を目的としたNGO団体、及び、団体主催の船旅を指します。民主党の辻元清美議員らが学生時代に設立しました。平和・民主主義・人権から地球環境問題まで、様々なテーマを扱いながら、世界中の人々と交流していく船旅企画です。

 船内では、講師を招いての「地球大学」の講義が行われるほか、参加者発案の様々な企画も催されています。表向きは、学びながら世界を回れる楽しい船旅のようにも見えますが、実際には、いろんな意味で“少し危ない”船旅のようです。

 今年5月、ピースボートの客船が新しい船に変わりました。新しい船といっても、造船から31年が経ったものです。それまで使用していた客船は、47年前に造船されたものでした。その船は、定期的な点検がなされることもなく、3年間で11回もの世界一周を行いました。船のエンジンの寿命は一般的に15年から20年と言われています。点検もされず、安全性が軽視されてきたピースボートは、複数回に渡りエンジントラブルによる漂流に見舞われました。

 また、警視庁らの調べにより、ピースボートは日本赤軍(武装テロ組織)と関連がある市民団体だということが判明しており、北朝鮮への渡航も過去5回実行されています。さらに、憲法9条(※注を参照)を世界に広めるため「9条ダンス」というダンスを参加者に寄港地で踊らせるなど、偏りのある政治的思想を持つ団体のような節があります。

 街中に溢れるピースボートのポスターには、警戒心を持たない子供が怪しい船旅に憧れる危険性もはらんでいます。それとも、あのポスターは、ピースボートの趣旨・思想に賛同して貼られたものなのでしょうか?あの船に少しでも安く乗りたいと「ポスターを貼ってください」とお願いしている若者たちのことが、私は心配です。平和・差別・人権を訴え世の中を変えようとしている団体の裏側に、漆黒の闇があることを知ってください。

 その船は危ない――


注)憲法9条「戦力の不保持」は他国から見れば「鍵の開いた家」。刃物を持った盗人に家を荒らされ家人が殺されようと、こちらは抵抗しませんと言っているのと同じ。



【憂川柳】 憲法が 隣の悪さ 許してる (ペンネーム だじゃれまん) 


【検索ワード】国民の知らない 正体


追記)かねてより自衛隊に批判的なピースボートだが、海賊がいるソマリア沖では、自衛隊の護衛付きで航行。平和を叫ぶだけで暴力から身を守ることはできない、と自ら証明した。

  1. 2012/06/15(金) 23:35:01|
  2. エプロン通信
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。