エプロン通信

エプロン通信文字だけサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

[Vol.032] 行かなきゃ損だよ 投票に行こう

[Vol.032]
行かなきゃ損だよ
投票に行こう


 12月16日は「衆議院議院総選挙」の投票日です。選挙権を持つ大人の責任です。投票に行きましょう。

■期日前投票(不在者投票)
 投票日当日、都合が悪い人は期日前投票を利用しましょう。買い物やレジャーなどの予定であっても、公示日翌日~投票日前日まで投票できます。詳細は市区町村の役所に確認しましょう。

■メディアにだまされない
 テレビや新聞は「自分たちに都合のいい部分」しか報道しません。また、ある一部分の意見を繰り返し放送し、さも世論かのように誘導します。「テレビで誰かが言っていた」ではなく「あなたはどう思うのか」を考えてください。

■報道されない部分も確認
 テレビや新聞では報道されない選挙公約の中身を、政党のホームページや冊子できちんと確認しましょう。

■その候補者はどんな人?
 選挙公約だけではなく、候補者が国益を重視している人なのかどうかもきちんと調べましょう。「選挙前.com」というサイトでは、議員らが過去に賛成した国益を損なう法案や、問題発言を確認することができます。

■低い投票率は組織票を持つ政党が有利に
 投票率が下がれば下がるほど、組織票で当選しようとしている人が有利になります。
国民の政治離れは、そういった人には嬉しいことです。

■「誰がやっても一緒」
 本当にそうでしょうか。なぜかひた隠しにされる闇法がたくさんあります。反対に、報道されていない過去の功績もたくさんあります。それをあなたが知らないだけかもしれません。決して「誰がやっても一緒」ではありません。


 「何も変わらないから」「信じられないから」と投票に行かないのは、自分の未来を諦めることと同じです。「変えよう」と懸命に動いている政治家もいます。あなたの一票は、日本の行く先を決める大切な一票です。未来を託す人を選ぶための一票です。12月16日、投票に行きましょう。


【憂川柳】 一度だけ やらせてみたら 致命傷(ペンネーム 国民にお灸)

【検索ワード】 戦前の選挙スローガン


政治家は投票する者の味方!
彼らは当選せねばタダの人。
だから投票率の低い世代を
軽視した政治をするのじゃ
↑やまと王子よりの一言
スポンサーサイト
  1. 2012/11/22(木) 01:10:43|
  2. エプロン通信
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

[Vol.031] 古事記 日本のルーツを探る

[Vol.031]
編纂1300年
古事記 日本のルーツを探る


 「12~13歳くらいまでに民族の神話を学ばなかった民族は、例外なく滅んでいる」――20世紀を代表する歴史学者アーノルド・J・トインビーはこのような言葉を遺しました。日本にも1300年の時を超え語り継がれてきた物語があります。神々の織りなす、日本の始まりの物語『古事記』です。

 古事記は奈良時代の初めに編纂された日本最古の歴史書です。前半ではイザナギ・イザナミの国生みやスサノオのヤマタノオロチ退治など聞き覚えのある神話が続き、国譲りから天孫降臨を経て、後半の天皇の治世へと展開されます。古事記で語られる神話や歴史には、独自の風土から養われた自然観、現代に続く慣習、地名の起こり、歌謡・祭祀・芸能などの日本文化全般に関する記述も多く含まれています。

 海外では民族のルーツを学ぶために神話や歴史の授業をとても大事にしています。しかし、現在の日本では神話を学ぶ機会はほとんどありません。そこには、戦後のGHQによる政策が絡んでいます。長年培われた日本人の精神的な繋がりを断ち切るため、GHQは神道・皇室の伝統・日本の歴史教育を全面否定する「神道指令」を発布しました。国際法では違反となるこの指令により、修身・国史・地理科の教科書や日本を讃えるような書物は中国の焚書坑儒のように抹消され、古事記も「歴史的事実ではない」「天皇家のための作り話だ」と否定されました。そうして、日本民族の物語である神話も、過去の栄光を伝える英雄たちの逸話も、学校では教えなくなったのです。

 2000年4月、古事記においても重要な要素である出雲大社の境内から巨大な柱が出土し、それまで架空の話とされてきた「出雲大社は東大寺を超える超巨大建造物だった」という言い伝えが一気に現実味を帯びてきました。日本を軽視する教育や報道が続く一方、近年「日本のことを知ろう」という気運が高まっています。古事記を読み進めることは、日本人が何を思い、どう生きてきたのかを知る第一歩です。国際化が叫ばれる今こそ、日本人としての軸をしっかりと見つめなおしてみませんか?


【憂川柳】 八百万の 神が日本を 守ってる (ペンネーム お天道さまが見ているよ)

【検索ワード】 日本の神話 神社庁
  1. 2012/11/17(土) 03:13:30|
  2. エプロン通信
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。