エプロン通信

エプロン通信文字だけサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Vol.015 『親日台湾と反日NHK』 1万人訴訟の理由

Vol.015
『親日台湾と反日NHK』
1万人訴訟の理由

 「麗しの島」台湾――国土は九州ほどの面積で、人口は約2300万人です。決して大国ではない台湾から寄せられた日本への義捐金は、ついに200億円を超え、世界最多の額となりました。

 なぜ、私たちにこれほどの善意を届けてくれたのでしょうか?それには2つの歴史が関係しています。1つめは、1999年の台湾大震災でのことです。最初に救助に駆けつけた国が日本でした。その時の救助隊の働きに感謝し、恩返しをしてくれたのです。2つめは、戦時中の日本統治時代でのことです。その昔、台湾も日本の一部でした。韓国の併合(=日本と同国)とは違い、台湾は二等国の扱いでしたが、日本は両国の近代化に力を注ぎました。戦後、台湾でも中国の国策による反日教育が行われましたが、結局は失敗しました。なぜなら、教育勅語などの日本教育を受けた多くの台湾人が、自身の体験を子や孫の世代にこう語り継いできたからです。「台湾の基礎は、ほとんどが日本統治時代に築かれたもの。当時の日本人に感謝をし、彼らを公平に評価すべきである」――そうした歴史の繋がりがあり、今の親日台湾があるのです。

 そんな日台関係に軋轢を生じさせた放送局があります。あなたが受信料を払っているNHKです。2009年にNHKは『JAPANデビュー~アジアの一等国』という番組の中で、「戦争中の日本人が台湾で非道な行為をした」と訴える台湾のお年寄りの証言を取り上げました。しかし、これは意図的にねじ曲げて編集されたものであり、「事実とは違う!」と台湾の人達は深く傷つき激怒しました。その結果NHKは、日本人視聴者と台湾人合わせて1万人以上から訴えられ、裁判は現在も係争中です。

 国民の受信料で番組を製作するNHKが、このような国益を損なう放送をしてよいのでしょうか?中国や韓国では、今も政府の国策として反日教育が行われています。しかし台湾は、統治時代以降の日本を正当に評価し、感謝を忘れずにいてくれる国なのです。

 今、NHKが特定の国々を異常に持ち上げる放送をしていることに気づいた人たちが増えています。まずはじっくりニュースを観てください。本当に日本人のための放送をしていますか?


【検索ワード】 親日国 台湾と日本

【憂川柳】 観た分は 払うよメーター つけてくれ (ペンネーム 電波押し売りお断り)
スポンサーサイト
  1. 2012/03/20(火) 23:08:52|
  2. エプロン通信
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

コメント

RES【憂川柳】

RES【憂川柳】 そのメータ、まさかの左周りではないでしょネ(ペンネーム 電波押し売りお断り・賛同者)
  1. 2012/04/09(月) 15:51:28 |
  2. URL |
  3. 電波押し売りお断り・賛同者 #mQop/nM.
  4. [ 編集 ]

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eputsu2.blog.fc2.com/tb.php/20-dfbe0d53
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。